スマホ以上に楽しめるx100カメラとハンディーレコーダ

スマホがあれば何でもできる・・・と思っている方も多いのですが、高倍率インスタントカメラと高音質のハンディーレコーダを持って、ハイキングや観光などの外歩きでの面白さを倍にしませんか・・・という提案を紹介します。

スマホの性能は良くなったのですが、高性能スマホは高価ですし、比較的安価な、高倍率ズームのデジカメやハンディーレコーダによる高音質録音を体験すると、スマホとは違う楽しさが生まれます。



まず高音質の「録音」をしてみましょう・・・という提案です。小さな録音機を使って、自然の音などの、音のライブラリーをつくってみると、新しい世界が見えてきます。その後に、x100ズームのコンパクトカメラを紹介しています。

スポンサーリンク

自然の音を録音して編集をする面白さ

海辺の波の音、川のせせらぎ、秋の虫の声・・・などの自然の音を高音質でステレオ録音してみると、CDの音楽などのような、他の人が録音したものと違って、その新鮮さにびっくりします。

自然音でなくても、お祭りのだんじりの音、電車内のアナウンス、スタバでくつろいでいるときの周囲の音・・・などの音を高音質に録音して聞いてみると意外と楽しいものです。

PR


人にカメラを向けると嫌がられますが、お茶を飲みながらテーブルにさりげなくレコーダーを置いて録音していても、(私の経験で言えば) 変な目で見られることはありません。

戸外で録音することは、まだまだメジャーにはなっていないので、ほとんどの人は無視しているかその動作に気づきません。

また、写真と違って、録音によって、個人が特定されるなどのプライバシーの問題も聞いたことがありませんので、意外と「録音」して音のライブラリーを作ろうとするのは簡単です。

そうは言っても、録音機は目立たない小さなものがいいですし、デジタル・ステレオ録音できるものが必要です。

インタビューなどに見る「会話録音用・集音用ICレコーダー」はモノラルすですし、周波数特性も音声向けになっているのでダメですから、「高音質」「リニアPCM」などと表示されている、ステレオで楽器の音などを録音するようにPRされて販売されているもので録音するのがポイントです。

私のハンディーレコーダー(PCM録音用)の例

YAMAHAのハンディーレコーダ レコーダー+三脚

私の使っているのはこれです。 本体、風防、イヤホン、三脚をリュックに入れて外出し、「この音・・・」と思った時に、これらを取り出して録音しています。

本体だけでも録音はできますが、木の枝などに固定する三脚、録音する音を確認する高音質イヤホン、付属の風防 ・・・ などは、特定の音を狙う場合は必須です。

このセットだけで、高音質な音が録音できます。(三脚とステレオイヤホンは別に購入しています)

川の音を録音中

このレコーダーYAMAHA W24は、古い製品なので廃番になっていますが、すでに10年以上使っていても故障もなく健在で、全部の重さも300g未満ですので、持って出る場合でも、そんなに邪魔になりません。

PR


現在では、私の機種よりも、価格が安くて性能の高い製品がたくさん販売されています。

「PCM」「WAV」などと表示があれば、そこそこの音質は期待できますので、その中で「ステレオ録音」できるものを選べばいいので、価格も1万円以下からいろいろな製品が販売されていますね。(でも、長く楽しむためには、3万円ぐらいの製品を考えてくださいね)

Amazon などのサイトの口コミや、量販店で商品説明を聞いて、購入を検討されるといいでしょう。

【参考】Amazon のハンディレコーダのページをみる

思いつきで音を録るだけでも十分に楽しめます

私は、外へ出かけるときはワンセットを持参して、気になる音に出会ったら、とりあえず何でも録音しています。 リモコンが付属しているので、操作音などが入らないようにもできます。

そして、家に持ち帰って、編集ソフトを使って不要な部分の音を消てレベル調整処理をするのですが、そのために、録音時にはリモコンは使っていないのですが、無料の編集ソフトを使って、前後の操作音などの雑音部分を切り取りやレベル調整をするなど、最低限の加工をする・・・ということをするだけでは、少しなれると、編集は2-3分で終わります。

私の使っている編集用ソフト(無料です)の最低限の使い方をあわせて紹介します。

音声編集フリーソフトのAudacity

このソフトに行き着く前には、購入したレコーダーに添付のスタインバーグ社のCUBASE AIを使って音の加工をしていたのですが、高機能で使うのが難しすぎたので、大した加工はしないこともあって、使い方が簡単な、このAudacityを使っています。WIN10(64ビットPC)で使っています。

WEBマニュアルはあるのですが英語なので、ここでは、最低限のことの説明ですが、マニュアルがなくても、いろいろ触ってみるとわかってきます。

PR



音を撮りっぱなしでレコーダーの中にしまっておいても、何の価値も生まれませんが、少し音の加工して、名前を付けて保存すると、立派な「音のライブラリ」として自分の宝物になっていきます。録音とともに、音の加工にも是非トライしてください。

私の場合は、この編集ソフトをつかって、
①録音部分の前後や不要部分のカット
②クリックノイズなどの雑音の除去
③入力レベルが低い場合の音量アップ
必要な場合は、CDに編集する場合のWAV保存

などをこのフリーソフトでやっていて、一連の使い方は、MP3で録音したファイルをPCに取り込んで、Audacityで加工して、名前を付けてMP3で保存する・・・ ということをしているだけですが、これだけで結構いい感じの仕上がりになります。

もちろん、CDに焼くために、無損失のWAV形式(高音質)でも保存ができますし、WIN10(32・64ビット)でも問題なく使えますし、いくつかのファイルがたまってくると、それらをCDに焼いて、自分のサウンドCDアルバムを作ることも、そんなに難しくありません。

以下は読み流しでいいので、感じをつかんでいただくといいでしょう。

アプリのダウンロード

「窓の杜」からのダウンロードがシンプルです。

作者のサイトからのダウンロードでもいいですが、変なところをクリックして、変なアプリをダウンロードしてしまいそうなので、この「窓の杜」のサイトからダウンロードすると、トラブルがなくていいでしょう。

窓の杜からのダウンロードがいい

一連の簡単な使い方

書いたものを読むと難しそうですが、一度使えばわかってきますから、ここからも読み流しでOKです。

(1)アプリの立ち上げ
(2)録音した自分のファイルをドラッグして、アプリに読み込んで
(3)録音した音が小さい場合は、レベルを上げて音を大きくます。 そして、
(4)録音の先頭と最後の操作音を削除してから、
(5)自然な感じで聞けるように、フェードイン、フェードアウトさせる
・・・ ということを順を追って説明していきます。

まず、このアプリで私がよく使う部分は、以下の図の部分だけです。

基本的な操作は ①編集範囲の選択して  ②加えたい加工内容を「エフェクト」の中から選ぶ ・・・ という操作を連続して行っていくだけです。

下図中の①②③の操作で編集を進めます。

この手順が基本ですので、いろいろなエフェクトを加えたい場合は、「選択」→「加工する範囲の決定」→「エフェクトを選ぶ」ということを繰り返します。

通常使う部分はここ

「選択」をクリックすると、薄灰色の波形背景が白くなります。 これが「全選択」状態で、部分的な削除や部分的にエフェクトを掛けたい場合は、矢印範囲を指定します。

何かを操作すると、たえず「簡易再生」がスタートして録音した音が出ます。

これが最初は若干イライラしますが、この再生音がでないように「環境設定」などをいじって音を止めると、他の不具合が出るので、(私は面倒ですが毎回) 音がスタートするたびにストップボタンを押して、音を止めてからエフェクト変更などの作業をしています。

ちょっと邪魔くさいのですが、これが通常の方法と思って、慣れるようにしました。

下が一連の操作をしたときの録音波形ですが、その変化を見てください。

立ち上げ画面 立ち上げ画面

ファイルをドラッグして読み込み 読み込み

ドラッグアンドドロップでも、コピー貼付け・・・どちらでもOKです。すると録音された波形が表示されます。

編集1番目 編集1

録音した音が小さかったので、「エフェクト」内にある「増幅」を使って、全体の音量をあげています。 波形の上下幅が太くなっているのがわかりますね。
その他の機能やエフェクトがあるので、色々触ってみて、慣れるといいでしょう。

編集画面2

録音の終わりにストップボタンを押す音が入っているので、それをフェードアウト(徐々に音が小さくなる)して消して、同様にフェードイン(徐々に音が大きくなる)を加えたのが次の画面です。

編集画面3

以上ですが、基本操作としては、「選択」ボタンをクリックすると、波形の部分が白くなって「全部を選択」した状態になるので、そこから、一部だけを変更したいのであれば、時間表示のところの矢印を伸び縮みさせて、加工したい部分を選択して『エフェクト』を選ぶ ・・・ ということを繰り返していくのが操作の基本です。

編集が完了すれば、メニューの「ファイル」→「書き出し」→「MP3として書き出し」をクリックすれば完了です。

MP3での録音でも結構自然な音です

普通の自然音でも、録音するときに、MP3(320kなどの高音質)にしておけば充分で、HPにアップしたりメールで送る場合も、MP3がポピュラーになっているので、WAVなどの高音質にしなくてもいいでしょう。

もしも、いくつかの録音したファイルを集めて、1枚のCDに焼きたいという場合は、その時にもう一度MP3のファイルを読み込んで、保存する時に「WAVとして書き出し」を選ぶとOKですので、いくつかのファイルを「Window Media Player」などを使ってCDを作ることも簡単です。(これはここでは説明しませんが、これも難しくはありません)

この一連の方法で録音した音を加工した例を示します。これは、大阪城公園で、野鳥の音を聞きながら、ベンチに座ってコンビニで買ったお茶を味わいながら録音したものです。 鳥の声以外に都会の暗騒音も入っていて、上手な録音とはいえませんが、自然さは感じられると思います。

【録音例】大阪城の野鳥の声  時間:約1分半

以上が高音質の録音で、次に、高倍ズームのデジカメ(コンパクトカメラ)も、スマホとは格段の違いで楽しめる・・・ということを紹介します。

高倍率のカメラはスマホにはない面白さ

最近のスマホはすごい写真が取れるようになっています。

しかし、デジタルズームで高倍率のスマホは高価ですし、スマホに高倍率ズームレンズを付ける方法がありますが、やや安価ですが、レンズが大きいので、かさばってしまいます。

それらよりも、コスパを考えると、高倍率コンパクトカメラを購入するほうが安価で機動的ですので、ここでは、x100程度のズームがきくコンパクトカメラを購入するのが得策・・・ということの紹介です。

この 100倍という『倍率』ですが

これは専門家でないと正確に説明するのは難しそうな内容なのですが、一般的にいう倍率は、「肉眼と比べてどれくらい大きく見えるのか」が倍率です。

たとえば、1km先のものが100mまで近づいて見えると x10(10倍)で、x100 というと、1km先のものが10mの位置まで近づいて見えるということと考えればいいでしょう。

これに対して、撮影倍率という表現があって、これは、100mmの長さのものが受像面に10mmで写っていれば、1/10(1:10)といい、その範囲を可変できるズームレンズであれば10倍ズームになります。

当然、倍率を上げると、写る範囲は狭くなるのはしかたがありません。

そして更に、デジタルカメラの倍率とは別に、1眼レフでは「何mmのレンズ」と言う言い方があります。

これは、1眼レフカメラでは50mmレンズで撮ったものが約1倍(等倍)ですので、400mmレンズでは8倍ということになります。

また、双眼鏡は8倍程度のものが多いのですが、この程度の倍率が使いやすいということのようです。

そして、双眼鏡とx100コンパクトカメラでは、倍率面でどう違うのかということを数字的に比較するのは難しくてよく分かりませんが、実際的に比較してみると、私のここで紹介するx100のコンパクトカメラのx100で取った画像と8倍の双眼鏡でみた景色を比較すると、x100のほうが少し大きい程度です。

画像は8倍の双眼鏡のほうが明らかに鮮明という状況ですので、x100となっていても、8倍の双眼鏡程度の倍率で、鮮明度は双眼鏡以下ですが、例えば、x12のコンパクトカメラとx100のものとでは、格段に倍率が違うので、「大きい倍率のコンパクトカメラはスマホ写真とは違いますよ」というイメージで以下をお読みください。

私のコンパクトカメラの写り方

私はCanon SX620HS という、光学25倍デジタル100倍の高倍率ズームのものを使っています。この機種も今では古くなって、新しいものに変わっているはずですが、この機種の「高倍率」がミソで、これがすごいのです。

x100の凄さ

この写真は、近所のことを考えてモザイク加工をしていますが、このように、100倍の威力はすごいもので、部屋から撮った約5km先の建物をとると、100倍ズームでは、こんな感じに写ります。(ちなみに、このコンパクトカメラは、広角で通常の写真を撮っているようです)

もう一つの例を見ると、下の写真は、天空の城として有名な竹田城址を、直線距離で2km離れている立雲峡というところから撮ったものですが、ズーム機能を使えば、竹田城址にいる人の顔が映るくらいの写真を撮ることができます。

2km先の竹田城址 肉眼で見た感じ

x100で撮ると・・・ x100ではこのように写ります

遠景を高倍率でとるのは、手ブレ機能があっても、手ブレを抑えるのが大変です。 しかし、数m離れたところを撮る場合でもズームがあれば、「いちいち、近づいて取らなくていい」・・・という便利さがあります。 これが優れているところです。

ともかく歩きながらどんどんズーム機能を使って周りの景色を撮影していけばいいのですから、12倍ズームやスマホの拡大写真の比ではありません。

一度量販店などに行かれて、高倍率カメラを手に持ってそれを体感してみるとわかるのですが、25倍程度のズームではスマホの方が機能的で使いやすいかもしれないのですが、100倍ズームとなると、スマホにはない、別世界が広がります。

写真には時間の流れが記録されている

写真を取っておくことの良さは、「タイムスタンプ」が記憶されていることが非常に便利な機能です。

私自身は、逆にスマホのカメラを使いこなせていないのですが、コンパクトカメラを使えば、バッテリーやメモリー残量を気にしないでたくさんの写真が撮れますし、各写真には、撮影した時間がスタンプされていますので、写真のプロパティーを見ると、その時の状況や時系列の行動が思い出せて役立ちます。

1回のバッテリー充電で200枚程度は充分にバッテリーが持ちますので、ともかく、どこかへ出かける時には、惜しみもなく、色んな場所でたくさんの写真を取るようにしていると、タイムラインが簡単にたどれるので、非常に便利です。

画質よりも利便性

デジタル拡大では、画質が悪くなるといいますが、それはカメラの価格を考えると仕方がないことで、それは割り切って考えておれば、大きな写真を使わないのであれば、特に気にならないでしょう。

自分で楽しんだり、WEBにアップする写真程度のものであれば、そんなに画質を気にする必要もない・・・と割り切ってしまえば、結構使えます。

そして、ここでは紹介しませんが、プラスアルファとして、倍率8倍程度の双眼鏡があれば、さらにいいでしょう。

8倍でも、月のクレーターが見えますし、それ以上では手ブレして見にくくなります。そして、下はx100のズームで取ってトリミングした満月の写真です。双眼鏡ではこんなに大きくは見えませんが、しかし、もっとシャープに見えるので、100倍ズームもオールマイティーではありませんから、やはり適材適所で使い分けたほうがいいのでしょう。

100倍ズームで撮った満月

余談ですが、私はいくつかの双眼鏡、単眼鏡を持っていますが、同じ倍率でも、見え方が全然違います。やはり高価ですがNikon製がいいのですね。



さあ、三種の神器を持って外に出てみませんか!

コロナの影響で外出もママならないのですが、人が群がるところを避けて、自然の音に耳を傾け、その音や景色を自分用のメモリーにまとめて見ではいかがでしょうか。

若干の初期投資が必要ですが、結構長期間使えるものですから、じわっと値打ちが感じられるでしょう。


(来歴)R4.7月誤字脱字を見直し

この記事を書いた人
きょくまめ

電気・電子や科学が好きなシニアです。
壊れた電気製品を直して嫌がられるなど、役に立つのか立たないのかわからないことをする趣味があるので、少しでも役に立ちそうなアイデアを紹介する記事を書いていこうと思っています。

フォローする
インターネット
スポンサーリンク
フォローする
生活に便利なもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました