今まで使っていたサイクルコンピュータと新サイクルコンピュータ

サイクルコンピュータをPOLAR(ポラール)M450からGARMIN(ガーミン)EDGE530に変えました。

以前のサイクルコンピュータはPOLAR M450

POLAR(ポラール)M450は2015年に販売したサイクルコンピュータです。このサイクルコンピュータにはナビ機能はありませんが、走った距離やルート、ケイデンスやスピードなどの基本的なことは記録してくれます。

動作時間は最長16時間となっていますので、一般的な使い方では問題なく使えます。しかし長距離を走るには少し心許ないような気がしていました。今までこのポラールのサイクルコンピュータを数年使っていましたが、ナビ機能とその他の機能も欲しくなったので買い換えました。

新しく購入したサイクルコンピュータはGARMIN(ガーミン)EDGE530 

今回買い換えたサイクルコンピュータはGARMIN(ガーミン)EDGE530です。
購入前にいろいろなメーカーのものを調べたのですが、ガーミンに決めたのは「高機能」だったのが一番の理由です。

GARMIN(ガーミン)EDGE530を購入してから近場を2回、長距離を1回走っており、感想は次のとおりです。

  • 長距離で知らない場所を走るためのナビ機能
  • いろいろな表示項目が多い
  • 信号などで停まったらピロっという音
  • 曲がる場所が来てもピロっという音
  • バッテリーは最大20時間
  • 画面がカラー
  • 前もってルートが作れる
  • リルートをしてくれる

加えて、ルート上でヒルクライムポイントがあれば自動でモードが変わったり、勾配や距離が分かるClimProが便利ということや、今までのポラールM450では同期させる為には、USBケーブルとFlowSyncソフトウェア経由でPolar Flowウェブサービスへ繋いでいたのに対し、GARMIN(ガーミン)EDGE530ではWi-Fi環境下に行けば自動でStravaにアップロードしてくれるのも便利です。

 

使った感想

写真右はPOLAR(ポラール)M450で、左がGARMIN(ガーミン)EDGE530です。

サイクルコンピュータ

ロードバイクに乗り始めて6年ですが、けっこう長距離も走るようになり、知らない道を走っていくのでナビがあるのは便利です。とはいえ、今までもナビ機能のないポラールM450を使って100kmや200km超えを普通に走っていましたので使えないこともありません。ただその時は知らない道路だとスマホナビを使っていたので、ナビがあるのはありがたいです。

それにしてもサイクルコンピュータが新しくなるとモチベーションが上がりますね。

ガーミン Edge 530 本体のみ ブラック【日本正規品】

新品価格
¥44,200から
(2024/1/24 10:03時点)

追記:2024年現在の最新モデルはEdge840のようです。

ガーミン(GARMIN) Edge 840 Bundle サイクルコンピューター スピードセンサー/ケイデンスセンサー/心拍センサーセット タッチスクリーン搭載 自転車用ナビ GPS搭載 スタミナ測定 010-02695-16 【日本正規品】

新品価格
¥69,800から
(2024/1/24 10:05時点)

PR

この記事を書いた人
ぴよ氏

プラモデル製作が趣味です。製作もブログの更新も亀の歩みより遅いです。

フォローする
楽しむ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
フォローする
生活に便利なもの

コメント

タイトルとURLをコピーしました